紛失はもちろん・不正使用されないように

クレジットカードを紛失してしまった際、盗難に遭ってしまった場合、みなさんはどう行動しますか? パニックになってしまって、焦るかもしれませんが、まずは落ち着いてカード会社へ連絡を入れましょう。 カード会社は紛失・盗難があった場合の窓口を24時間やっています。 自分はそんなことにならないと高をくくらずに、万一の場合に備えて、自分が使っているカード会社の窓口の番号を控えておきましょう。 カード会社のサイトにも載っていますから、探しておきましょう。 カードの番号については控えてあればいいのですが、もし控えていなくても住所と名前で調べてもらうことが可能なので、安心です。 まずはカードの使用を止めてもらうことが大切です。 それから、近くの警察署へ届出を出しましょう。 カード紛失の証明書をカード会社へ提出できないと「カード盗難保険」が適用されない場合があるからです。 落としてからすぐに他の人に拾われてしまい、限度額いっぱいまで使われてしまったら大事です。 自分が買い物をしたわけでもないのに、高額の支払いをするなんて誰でもしたいとは思わないですよね。 そうならないためにも、慌てず騒がず落ち着いて行動をしましょう。 もしも、海外で紛失・盗難にあった場合もすぐにカード会社へ連絡を入れましょう。 現地の日本語サポートデスクがあるはずです。 そこに連絡を入れることができれば、日本へ連絡が行き、カードの利用を止めてもらうことが可能です。 もし、海外旅行や出張などの予定がある方は現地の日本語サポートデスクの番号のことをちゃんと控えておいたほうがいいでしょう。 それから、カード会社によっては緊急カードというものを発行してくれるカード会社もあります。 自分の持っているクレジットカードの窓口を調べておいたり、海外でのサポートはいったいどうなっているかなどを調べておくのは、何かあったときにきっと役に立つと思います。 備えあれば憂いなしっていいますもんね。