安易な考えでクレジットカードは使わない

クレジットカードを使えば、とりあえず今手元にお金がなくても買い物やご飯を食べたりすることが出来ます。 今が苦しいから、来月に入る給料を当てにして、クレジットカードで支払いを済ませよう。 そんな風に考えている方はいませんか? たしかに、今は楽になると思います。 分割払いやリボ払いもありますから、ちょっと大きな買い物をするのも便利ですよね。 ですが、その考えでクレジットカードを使うというのは危険だということを覚えておいてください。 支払いを先延ばしにし、次にお金が入ったら返すからいいやという安易な考えでは、金銭感覚が壊れてしまいます。 自分の支払い能力を超えた買い物というのは結局自分に重くのしかかってくるだけですから。 最初は小さな金額かもしれませんが、それがどんどん大きな金額になっていって、自分の首を絞めてしまいます。 特に、分割払いやリボ払いというのはとても高い金利や手数料を取られてしまうのです。 ちょっとずつ積み重なった金利や手数料が大変な負担になってしまうこともあるのです。 ですから、もしもクレジットカードを使うのであれば、一括払いにしましょう。 どうしても、の緊急用として分割払いやリボ払いは使うようにしましょう。 一度、生活水準を上げてしまうと、元に戻すことは困難だといいます。 そうなってしまっては大変ですよね。 それに、小さな金額から始まったクレジットカードだったとしても、だんだんそれが借金をしているんだという感覚が薄れてしまうと思います。 借金をしているんだという感覚が薄れてしまっては、大きな金額の買い物をするのも抵抗がなくなってしまうでしょう。 それでは、自分の支払い能力を大きく超えた買い物をしてしまい、今月の生活も厳しいからとクレジットカードを使うという循環に陥ってしまうことでしょう。 悪循環から抜け出すことは大変難しいと思います。 返済をしなければいけないが、もうカードを使って、とりあえずをしのぐことができないのですから。